病気の概要

胸腺腫瘍とは人体の胸腺と呼ばれる臓器におこる病気でがんの一種です。
胸腺は肋骨の内側にあり、心臓の上の部分にある臓器です。
この臓器の主な役割は、Tリンパ球と呼ばれる白血球を作り出し、風邪やその他の病気を予防するために欠かせない臓器となっています。
この臓器の大きな特徴として、幼少期に免疫細胞を作る働きをして、成長するに従って徐々に小さくなっていき、成人すると完全に機能しなくなると言った特徴があります。
機能しなくなった胸腺は脂肪組織となりますが、この脂肪組織ががん細胞に侵されることで胸腺腫瘍となるのです。
この胸腺腫は放射線治療や抗がん剤治療などの治療を行うことで治療することが出来ます。
胸腺は比較的進行の遅いがんで、胸腺からそとに広がることはまれですが、発見が遅れてしまうと周りの心臓や肺といった臓器に転移してしまう危険性があるので、早期発見することが大切です。

胸腺腫瘍の症状は、腫瘍そのものが原因でおこる症状と、腫瘍ができることによる免疫機能の低下が原因で起こる症状との2種類に分けることが出来ます。
腫瘍が原因でおこる症状としては、咳や痰、腫瘍の肥大化による胸部の圧迫感や痛みなどの症状があります。
免疫機能が低下することでおきる症状は、様々なものがあります。
胸腺腫瘍の患者の多くは重力無筋症と呼ばれる症状がみられ、その原因は胸腺腫瘍による免疫機能の低下が原因だと言われています。

胸腺腫瘍の治療法は、がん細胞を摘出する手術や、放射線治療や抗がん剤治療などの化学療法などが行われます。
胸腺腫瘍は退化してしまった臓器におこるがんなので、摘出手術が行い易いという特徴があります。
しかし、胸腺腫瘍を全て摘出してしまうと免疫機能に何らかの異常が起こる可能性が高いので、進行が進んで腫瘍が大きくなっている場合は抗がん剤治療や放射線治療などの化学療法が行われます。
症状や進行具合によって治療法が変わってきますので、きちんと医師と相談して治療していくことが大切です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031