美しい住宅街

問題解決に役立つ

片側に高層ビル

東京では昭和の高度経済成長期に多くのアパートが建築され今もそうした物件が結構残っているのです。
一つは時間が経過しているため安い物件が多いことと、公的な機関が建てたものも多いため、大規模なアパートが今も残されているというケースがあるのです。
ただ、時間的に築後50年以上経過した物件はさすがに新たな開発の対象となって取り壊されたり他の用途の商業施設に生まれかわったりするような変化に見舞われています。
したがって一時よりはそうした物件にめぐり合う確率というのは低くなってきているといえます。
ただ、それでもまだまだそうした物件が残っていることがあり、何かのきっかけで大規模なアパートを見つけることが出来る可能性もあるのです。

戦後の昭和の時期には大規模アパートのような開発は都内のあちこちで見られ、決して珍しいものではありませんでした。
しかし最近では大きな土地を伴うこうした物件の場合には再開発の波に飲まれてかなり、新しい施設へと姿を消すようになってきています。
したがって都内全体で見てもこうした大規模なアパート案件というものに出くわす機会はかなり減ってきているということができるのです。
そもそもこうした物件へのニーズはかなり低くなっており、消費者の価値の多様化が巨大なアパートと言ったものへのニーズを減少させてきているともいえるのです。
これも東京エリアの住宅状況が一昔前に比べて確実に変化していることを物語っているといえるのです。